ホーム  >  会社案内  >  ご挨拶

会社案内|永和不動産株式会社

会社概要

歴史に教訓を学ぶべきところ学ぶに足りず、歴史は繰り返します。
日経平均が4万円、日本の不動産時価総額は米国の4倍と信じられ、ジャパンアズナンバーワンと日本人の多くが驕りを極めた80年代後半の 「バブル時代」、当時の土地神話は花見酒のまやかし経済と判断した弊社は、現在コーポレートでの実質借入金の殆どを返済しました。 ファンド型の短期視点、米国発、証券化などと道具立ては変わっても、「100年に一度の金融恐慌」は、 その精神(ニューエコノミー時代に入った以上、値上がりした不動産は値下がりしない)の点で弊社にとりデジャヴュ(既視感)でした。
90年代後半からの景気対策としての空前規模しかし規律無き財政出動の結果、 日本の公的債務対GDP比率は過去20年で60%から200%に膨れ上がりました。 少子化と相まって勤労者2人が高齢扶養世代1人を養う世代間負担の社会保険制度も限界にきております。 残念ながら日本の現況を考えますと、不動産がマクロ的に全般価格上昇するとは考え難いかもしれません。 しかしながら今後年金給付・健康保険の実質切り下げ・人為的な低金利下にある国債バブルを考えますと、 何時までも低金利とデフレ基調が続くとは思えません。

不動産に対する考えが大きく変わりつつあります。
戦後高度成長時代の不動産投資とは単に不動産を所有し、NOI利回りなどなくとも値上がり信仰に基づくキャピタルゲイン狙いでした。
不動産を何の目的で、どういった資金種類(自己資金、借入金、資金コストと期間等)で所有するかにより、合理的に正当化できる価格は違ってきます。
「借金も財産のうち」「土地神話」「右肩上がりの成長経済」が死語となった今日、
日本でも主流となった収益還元法同様に欧米の不動産投資手法に学ぶしかありません。
不動産投資はパートナーシップ等でリスク分散共同投資が主流、投資収益は期中キャッシュフローと売却時のキャピタルゲインの総和を 年利回りに割り戻したIRRとして計算するのがそう遠くない日に常識となりましょう。

首都圏駅前で半世紀の会社(コアビジネス 中核事業)

高度成長期から以後、首都圏の発展は日本の発展と同義でした。 とりわけ周辺3県の人口は過去20年に渡り一貫して日本全体の人口増加年率の2~3倍で成長を続けました。
一都三県はGDPで日本全体の3割・人口で2.5割を占める日本の中心かつ世界有数の人口・経済の集積地帯です。
弊社は半世紀前に百貨店 丸井の資産管理会社として設立されて以来、首都圏「駅のソバ」での百貨店、 SC、オフィス、ホテルといった不動産開発と賃貸業(現在50棟延6.5万坪を運営)を行い首都圏の拡大発展と共に歩んで参りました。

弊社の得意とする場は首都圏駅前の中規模ビル。 鉄道利用者数400万人/日とされる首都圏のうち、1日の駅乗降客数5万人から100万人、 バス初め交通機関の要衝である弊社事業対象の駅前は企業の事務所にとり優れた立地である事は勿論、それ以外に「駅圏」と呼ばれる市場を創りだします。
金融機関店舗や各種飲食店舗、ドラッグストア、コンビニエンス、学習塾・各種学校、クリニック・医療機関、不動産仲介、 フィットネス、エステ・美容室、アミューズメント、レンタルビデオ・書店、自治体や国公共機関の出張所等、 皆様が普段駅前で見かけられる業種の殆どが弊社のお客様です。
インターネットカフェやスタジオフィットネス、携帯電話を使った販促会社といった一昔前に無かった新業種も続々と生まれています。 これらは駅利用者・駅周辺を顧客とする店舗であり、その駅至近以外にどれだけ大型オフィスビルができても影響を受け難いのが駅前テナント様の特徴です。 駅前大型駐車場はパークアンドライドを先取りしました。
弊社は駅前事情に精通した企画力、リーシング力、一級のビル管理会社やゼネコン、 サブコン各位との協力体制により合理的な実証に基づく資産運用の最適化を図ります。 REIT、ファンド、証券化等不動産の投資形態は進化しますが、その根源となる実物不動産の最適活用こそ弊社が誇るものです。
どうぞ宜しくご高配の程お願い申し上げます。

コーポレートミッション(会社の使命)

首都圏の多くで、半世紀に渉り開発に携わり、「誰よりも駅前を知り抜いた会社」としてこだわりを持ち、街の発展・活性化に貢献します。
テナント様のご繁栄を通じ、様々な不動産投資家・レンダー・ステークホルダー皆様の価値最大化を図ります。

社是「すべて汝がことなれ」(コアバリュー 価値観)

弊社には出身が不動産仲介、デベロッパー、住宅、建設、金融機関と多様な経験と高度な専門性持つ人材がおります。 プロフェッショナルである自覚を持ち「すべて汝がことなれ」を社是に、単に仕事と思わず、自らが社会の一員として貢献し尊敬されるよう、 会社と共に自らが成長する場として研鑽に努めて参ります。
法令コンプライアンスはもとより、良識と節度を踏まえた仕事を心がけます。
テナント様、そして事業に参画頂く全ての皆様と共に手を携えて発展すべく努力をして参ります。

会社案内

  • テナント様募集
  • 業者様募集

永和不動産株式会社

〒100-0006
千代田区有楽町1-5-1日比谷マリンビル13階
Tel : 03-3502-1234 Fax: 03-3506-0770